mibird のすべての投稿

理想について

精神・感情・言葉は火のように水のように、時に強く、また時に柔らかく揺らめかせて良い。しかし行動はあくまで揺らがない方が良い。感情と行動の交差点に立つ私たち人間にはこれが上手くいけば先ずは理想である。理想なんてものはまぁ一応個々それぞれ自由に求めてみるのも悪くはないでしょう、近づこうとするだけでも何か景色は変わってきそうな気がします☆

まるで波長に手を伸ばすように

色を見ることは感情の冒険を始めることだと言っていい。それを見て何も感じない方が難しいのだから。

たくさんの色を見過ぎて疲れた時はそっと目を瞑る・・・

 

色は人生そのもの、それは決して感情と切り離すことは、できない。  

不安も悲しみも含めて、生きている証。

 

 

 

 

ただ一つということの贅沢

fullsizerender

 

昔「一つのものは一つ」だと思っていました。

だけど今は違う、一つのことをするためにどんなに多くが必要であるか、また、一つのモノ(コト)の中に一体どれだけたくさんのことが内包されているのかそれはもう計り知れない・・・そんなものが集まってできているこの世の中はやっぱりすごい、そこには衝突や不調和もたくさんあるけれどせめて「己の一つ」くらいは守り抜こう☆

 


 

☆おかげさまで10周年☆

fullsizerenderMIBIRDは今月10周年を迎えました。

感謝の気持ちを込め本日よりご来店(対面鑑定)いただけるお客様へささやかなギフトを御用意いたしました♪多数御用意しておりますが数に限りがございますので何卒ご了承願います。(御一人につき御一つです)

☆フレーバーコーヒーが入っています☆

折りなおしていただくと包装紙は文庫サイズのブックカバーにもなります。秋の夜長に読書と美味しいコーヒータイムはいかがでしょうか♪

☆終了いたしました。多くのご来店誠にありがとうございました!☆

光をもとめて

虹のおふねでどんぶらこっこ、どんぶらこ・・・

大波小波を乗り越えて さぁ!ごいっしょに人生の大海原へ!!

嵐も来るぞ 優しい魚 恐い魚 海賊だっているかも知れない

太陽はどこ? 島はどこ? いつになったらたどり着くやら愛の場所・・・

でも大丈夫!きっとステキな出会いはある

信じないと進めない

未来って そういうふうにできている♪

 

過去新聞掲載コラム

―占いってなんだろう?―    

                                                                           
「生年月日だけでなぜわかるのですか?」このようなご質問をよくいただきます。初回はその疑問にお答えいたしましょう。

私たちが空気だけでも水だけでも生きられないように、また、さまざまな細胞が集まってこの身体ができているように
運もまた、“気”の集合体です。それらを一つに束ねたものを“宿命”と呼び、生年月日や人相・手相などはその宇宙へ入って
いくための“門”のようなものです。
  占い師が生年月日をおたずねする、または手相などを拝見いたしますのは
「あなたの宇宙へ今から入らせていただいてよろしいですか?」と門の鍵をいただくようなものなのです。
また、人の一生というものは一つの角度からのみ判断できるものではありません。
もしそれをしてしまったら「人間ドック」へ行ったのに「肺しかみない」のと同じことです。
私たちの中では常に“宿命”や“運命”をつくるための無数の“気”が存在し、
増えたり減ったり、けんかしたり助け合ったりを繰り返して調和をとっているのです。

                                                                                     ―“宿命”はあなたの宇宙、“生年月日”は門、そして“占い”とはあなたの“気”と対話をすることです。―